新規公開株(2003年頃から2005年頃までは、IPOバブルと呼ねれるくらい初値が公募価格を上回り、人気が過熱していました) といった言葉(時には武器にもなり、凶器にもなり、人を救うこともできるでしょう)、耳にしたことはありませんか?IPOとは「Initioal Public Offering」の略で、日本語では「新規公開」となるのです。つまり、IPOは新規公開株(2003年頃から2005年頃までは、IPOバブルと呼ねれるくらい初値が公募価格を上回り、人気が過熱していました) を指す言葉(時には武器にもなり、凶器にもなり、人を救うこともできるでしょう)なのです。その新規公開株(IPO株のことですね)ですが、一体どのような株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)なのか興味ありますよね。株の取引を行う場合、まずは株式市場に上場しなくてはなりません。一般的に、この上場に際して新たに株式が公募されたり、上場前に株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)主が保有している株式が売り出されたりします。その株式を一般の投資家(ウォーレン・バフェット、竹田和平、澤上篤人、ジョージ・ソロス、ジム・ロジャースなどが有名ですね)も購入出来るようにするのが、IPOです。IPOは証券会社(野村證券や大和証券、みずほ証券が大手証券といえるでしょう)を通じて売り出されます。IPO株(ネットでのトレードが主流となっていますね)を買う際の流れとしては、証券会社が募集している新規上場会社の株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)の購入を申し込みます。その後、抽選が行われて、分配される分だけの株式を購入する事ができるはずです。IPO株は上場した後に株価(ちょっとしたウワサやニュースなどでも大きく変動してしまうことがありますから、注意が必要でしょう)が大きく上昇行う場合も多く、また有望な会社は上場後まもなくして株式の分割を行う事も多いようです。その為、IPOは儲かるのですね。けれど反対に、株価(その日の最初の価格を始値・はじめね、最後の価格を終値・おわりねといいます。今日の終値は○○円なんて、よくニュースでいいますよね)の上下が激しく安定しなかったり、その会社の規模が小さいと将来性を見極めるのが難しかったり、というデメリットもあります。リスクを避けるために、取得価格よりも上昇した時点で速効で売り抜ける方が多いようですね。年間で、120〜150社もの会社が新規上場を果たしているんですね。IPOは、有望な会社を探しだす楽しみもありますので、是非一度は挑戦してみてはいかがですかー